J-GREEN堺(堺市立サッカー・ナショナルトレーニングセンター)

  • 航空写真(堺市)

  • 天然芝メインフィールド1(2010 Japan Football Merchandise Inc)

  • 天然芝メインフィールド2(2010 Japan Football Merchandise Inc)

  • 人工芝フィールド(400mトラック付き)(2010 Japan Football Merchandise Inc)

  • 屋根付きフットサルフィールド(2010 Japan Football Merchandise Inc)

  • 大会議室(2010 Japan Football Merchandise Inc)

  • ロッカールーム(堺市)

  • J-GREEN堺 ドリームキャンプ(堺市)

  • シングルルーム(J-GREEN堺 ドリームキャンプ)(堺市)

  • レストラン(J-GREEN堺 ドリームキャンプ)(堺市)

  • 前へ
  • 次へ
  • 航空写真のサムネイル
  • 天然芝メインフィールド1のサムネイル
  • 天然芝メインフィールド2のサムネイル
  • 人工芝フィールド(400mトラック付き)のサムネイル
  • 屋根付きフットサルフィールドのサムネイル
  • 大会議室のサムネイル
  • ロッカールームのサムネイル
  • J-GREEN堺 ドリームキャンプのサムネイル
  • シングルルーム(J-GREEN堺 ドリームキャンプ)のサムネイル
  • レストラン(J-GREEN堺 ドリームキャンプ)のサムネイル

競技施設概要

J-GREEN堺(堺市立サッカー・ナショナルトレーニングセンター)は、2010年にオープンした、天然芝フィールド5面、人工芝フィールド11面、フットサルフィールド8面を有する、日本最大級の施設規模を誇る日本のトップレベル競技者用トレーニング施設です。

天然芝フィールドには、観客席約3,600席を備えたメインフィールドのほか、サッカーフルコートが4面とれる広大なフィールド、人工芝フィールドには、FIFA(国際サッカー連盟)の公認仕様を満たす照明付フィールドや、サッカーやラグビーをはじめ、多様なスポーツに対応できる400mトラック付きのフィールドなどがあります。フットサルフィールドには、天候に関係なく試合や練習ができる屋根付きフィールドがあり、本施設では、様々な国際大会や全国大会が開催されるなど、年間70万人以上の方々にご利用をいただいています。

また、2013年には、文部科学省から、我が国の国際競技力向上を目的に指定される「ナショナルトレーニングセンター競技別強化拠点施設」に指定され、国内でのサッカー競技では、唯一の強化拠点施設の指定を受けた施設となっています。

さらに、海外から関西、そして関西から東京などへ移動する際の玄関口である「関西国際空港」から約1時間でご利用いただくことができる立地の良さや、敷地内に宿泊施設「J-GREEN堺 ドリームキャンプ」があることなどから、サッカーやラグビーの日本代表チームを含む、各国代表チームのキャンプ地としても多く利用された実績を誇ります。

住所
大阪府堺市堺区築港八幡町145番地
ウェブサイト
http://jgreen-sakai.jp/別ウィンドウで開きます
最寄り空港
関西国際空港
最寄り空港からの距離
26.27km
最寄り駅からの距離
3.35km
営業開始時間
06:00
施工年数
2009年
改修工事年
2015年

トレーニングに適した競技

オリンピック競技

  • ラグビー
  • サッカー

付帯設備

※「◯」…あり、「 - 」…なし

トレーニング室(施設内)
トレーニング室(施設外)
-
スタジオ(施設内)
スタジオ(施設外)
-
サウナ室(施設内)
-
サウナ室(施設外)
-
スチーム室(施設内)
-
スチーム室(施設外)
-
浴室(施設内)
-
浴室(施設外)
-
アイスバス(施設内)
-
アイスバス(施設外)
-
ミーティングルーム
セキュリティ及び警備員
チーム管理事務所
-
応急処置室
専用医務室
-
リラックスルーム
-
マルチメディアルーム
-
レストラン
カフェ
マッサージ室
-
理学療法室
-
専用利用可
-
敷地内宿舎
アクセシビリティ
-
ドーピング検査室
-
空調設備機能(遮断含む)
非公開練習対応可
送迎サービス
-
Wi-fi
救急搬送受入施設隣接(30分以内)
ユニーバサル仕様
-
夜間練習用照明設備
保管庫(施設内)
保管庫(施設外)
-

施設区分

※「◯」…あり、「 - 」…なし

体育館
-
プール
-
陸上競技場
-
水上競技場
-
その他
野球場/ソフトボール場
-

このキャンプ地の他の競技施設

A-area

堺市原池公園スケートボードパーク

堺市原池公園スケートボードパークは、2011年にオープンした西日本最大級のコンクリートスケートパークです。スケーターの意見を取り入れて設計された当パーク最大の特徴は、深さ3mのビッグボウルをはじめ、形や深さが多彩な4基のボウルを備えている点です。パークセクションはもちろん、クォーターパイプ、ハーフピラミッド、カーブBOX、ストレートレールなどのストリートセクションも充実しております。
また、照明設備が完備されているため、夜間でも快適にトレーニングを行うことが出来ます。さらに、海外から関西、そして関西から東京などへ移動する際の玄関口である「関西国際空港」から車で約30分、電車で約1時間でご利用いただけます。立地の良さから、全国各地からプロのスケーターをはじめ、毎年約1万人のスケーターの皆様にご利用いただいており、海外のスケーターにも大会に向けたトレーニングに使用していただいた実績があります。
パーク
A-area:ボウル(H=1.4m)
B-area:ボウル(H=1.8~2.5m)
C-area:ボウル(H=1.2~1.8m)
D-area:ボウル(H=1.8~2.8m)
ストリート
E-area:クォーターパイプ(H=1.8m)
ハーフピラミッド(H=0.8m)
クォーターパイプ&フラットバンク(H=2m)
カーブBOX(H=0.65m)
複合型カーブBOX(H=0.9m)

トレーニングに適した競技

オリンピック競技
スケートボード(パーク)
スケートボード(ストリート)

同じ競技ができる他のキャンプ地の競技施設

検討リストに追加しました。

保存した施設を見る場合は、ページ上部の「検討リストを見る」からご覧いただけます。

閉じる

検討リストから削除しました。

閉じる

検討リストに追加できません。

検討リストに登録済みの施設が10件に達しているため、新たに追加できません。新たに追加する場合は検討リストから施設を削除してください。

閉じる