大垣市

  • 大垣城(大垣市)

  • 奥の細道むすびの地(大垣市)

  • 俳人 松尾芭蕉(大垣市)

  • 多良峡(大垣市)

  • 墨俣一夜城(大垣市)

  • 前へ
  • 次へ
  • 大垣城のサムネイル
  • 奥の細道むすびの地のサムネイル
  • 俳人 松尾芭蕉のサムネイル
  • 多良峡のサムネイル
  • 墨俣一夜城のサムネイル
住所
岐阜県大垣市丸の内2丁目29番地
キャンプ担当部署
教育委員会社会教育スポーツ課
電話番号
+81-584-47-8038
ウェブサイト
http://www.city.ogaki.lg.jp/別ウィンドウで開きます

大垣市は、日本列島のほぼ中央に位置し、経緯度は、市役所付近が東経136度36分、北緯35度21分です。大垣市とほぼ同じ緯度にある外国の都市には、ロサンゼルス(アメリカ)、オクラホマ(アメリカ)、プサン(韓国)、テヘラン(イラン)などがあります。

交通アクセスについては、大垣市は、東京と大阪の間に、また名古屋のすぐ北西に位置しており、大都市へのアクセスが容易です。特に、古くから東西交通の要衝として、歴史的に重要な機能を果たしてきました。市域には、日本の主要交通網の東海道本線、東海道新幹線、名神高速道路などが通り、主要都市圏へのアクセスが便利です。名古屋から鉄道で30分、中部国際空港から車で1時間30分、新幹線経由で東京から2時間30分、大阪から1時間30分の位置にあります。

夏は、日中25~35度となり、最高気温が38度を超えることもあり、冬は、時折、雪を運び一面の銀世界をつくり出します。春と秋は温和な気候で過ごしやすいです。雨量は、6月、7月の梅雨期に多く、平均年間降雨量は、約2000ミリメートルです。

俳人松尾芭蕉が「奥の細道」を終えた地としても全国に知られており、今なお俳句文化が息づく、文化の香り高いまちです。また、「水の都」と呼ばれる所以である豊富で良質な地下水を利用しながら発展を遂げた岐阜県内有数の産業都市でもあります。

このキャンプ地にある競技施設

全1件中 1~1件を表示しています。

  • 最寄り空港からの距離順
施設外観

大垣市武道館

中部地方 / 岐阜県 / 大垣市

大垣市武道館は、伝統的な日本建築をイメージしつつ平成10年(1998)年にオープンした武道振興の中核となる施設です。
中部国際空港から車で80分、名神高速大垣インターから車で10分以内。交通アクセス良好です。
建物は、スポーツのもつ躍動感と武道のもつ力強さを表現した鉄骨鉄筋コンクリート造りの3階建です。
第一道場板張道場4面、第二道場畳敷き道場4面、相撲場(屋内1面、屋外1面)、...

トレーニングに適した競技

オリンピック競技
フェンシング

検討リストに追加しました。

保存した施設を見る場合は、ページ上部の「検討リストを見る」からご覧いただけます。

閉じる

検討リストから削除しました。

閉じる

検討リストに追加できません。

検討リストに登録済みの施設が10件に達しているため、新たに追加できません。新たに追加する場合は検討リストから施設を削除してください。

閉じる